歯科医から伝授の私の歯磨き 方法-二本指で歯ブラシを持つ歯磨き 方法|歯科検診で歯磨き方法を教わりました

歯科検診で歯磨き方法を教わりました

歯科医から伝授の私の歯磨き 方法

私の歯磨き 方法は、歯科医からアドバイスして頂きました。恥ずかしい話ですが、20代歯の手入れを怠っていたために、ほとんどの歯が虫歯になってしまいブリッチなどになり、笑うと見える歯は、かろうじて自分の歯ですが、その他は、詰物もしくはブリッジ状態です。そして歯槽膿漏となり、このまま進むと部分入れ歯になる可能性大の状態です。きちんと歯の手入れをしていれば、歯槽膿漏や虫歯など辛い思いをしなくて良いのを身を持って経験し、現在では定期健診するなどかなり歯に関しては優等生です。歯科医の先生に歯磨きのアドバイスを頂いた時、歯磨き粉のアドバイスも頂きました。

先生も色々市販の歯磨き粉を試して良かったのがとある歯磨き粉。夜の歯磨きした後の翌朝でも歯がツルツルしていて、適度な水分が口の中にあり良いとの事。歯槽膿漏は、パサパサの乾燥が御法度なのです。私も同じ歯磨き粉を使用しています。歯ブラシは、親指と人差し指で持ち、歯茎と歯の隙間を意識して縦に歯ブラシを動かし、汚れを掻き出すイメージで磨きます。

糸ようじやしかんブラシで、歯と歯の隙間のポケット部分の汚れを取ります。最近口臭を気にされている方多いと思いますが、実は口臭は、この歯の隙間ポケットに溜まった汚れから口臭がひどくなる場合がありますので、糸ようじやしかんブラシで、歯と歯の隙間のポケット部分を綺麗にしてみて下さい。自分の反省をもとに、我が子には、歯磨き 方法として、歯磨きの後に、仕上げにフッソ加工のスプレーで仕上げ磨きをしています。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 歯科検診で歯磨き方法を教わりました All Rights Reserved.