二本指で歯ブラシを持つ歯磨き 方法|歯科検診で歯磨き方法を教わりました

歯科検診で歯磨き方法を教わりました

歯ブラシの持ち方を工夫するだけで、歯へのダメージを軽減できる歯磨き 方法が可能になります。歯ブラシを手で「握る」のではなく、手の「人差し指」と「親指」だけで「持つ」ようにしてみてください。二本の指だけで持つ歯ブラシは、どこか不安定な要素があるのですが、歯ブラシそのものに力が入り過ぎないことが分かると思います。手で歯ブラシを握ってしまうと、どうしても歯ブラシそのものにも力が伝わりやすくて、どんなに歯ブラシの毛先が柔らかいタイプのものであっても、歯に強く当たってしまうのです。二本の指だけで持った状態の歯ブラシは、空中では不安定に感じられますが、口の中に入れてみると「充分に汚れを落とす機能」を備えているものです。充分に汚れを落とせるということは、歯ブラシの毛先が、口内に残留している物質を「はじいて」くれるのです。このとき歯の表面を削るようなイメージは持たずに、歯と歯の隙間に「詰まっているもの」を「はじき出す」ようにイメージするのがコツです。普段、歯ブラシを握って使用している人は、初めて「二本指だけで持つ歯ブラシ」を不安に感じてしまうかもしれませんが、回数を重ねることで慣れてくると思います。なによりも嬉しいのは、このようにして歯ブラシを使用し続けると、歯が削られることなく、歯と歯の隙間がキレイになりますし、歯の表面の汚れも除去できていることで「すっきり感」が生まれてくることです。口の中の「すっきり感」は、歯磨き粉の成分ではなく、あくまでも「口内が衛生的になる」ことで得られるからです。正しい歯磨き 方法を心がけましょう。

歯と歯茎の為の歯磨き 方法

歯磨きというと、単に歯のためだけに行われるものとと思われがちですが、実は歯と歯茎、双方の健康の為に行われるものでありますので、手抜きな歯磨き 方法はいけません。しかしながら、単に力を入れてゴシゴシと磨けばよいというわけではありません。まずは、その方向や角度が重要であったりいたします。そのためには、歯ブラシを軽く利き手で握り、ひじをだいたい肩と水平になるような位置に持っていってみましょう。

歯磨き 方法には色々あるみたいだが。

歯磨き 方法には色々あるみたいだが、自分はどの方法をというか、或いは正しい方法にしているのだろうかと調べてみた。何故、こう考えるようになったかと言うと、結婚して数十年の間、歯磨き 方法について家内より注意をされてきた。おまけにクチュクチュと音をさせているみたいだ。歯肉に向けて回転させるローリング胞毛先を90度歯面に当て、往復運動の水平胞一つづつ歯を磨くスクラビング胞フォーンズ法等色々あるようだが、私の場合はスクラビング胞水平法等でやっていたみたいだが、小学校の歯磨きの指導で先生から強く磨くように磨いていたのだが、それは小学校のレベルの時の問題で、あまり強く磨いたら、却って歯をいためると聞いたことがある。

歯医者さん直伝の歯磨き 方法

僕の歯磨き 方法をご紹介したいと思います。方法と言いましても、僕は特に珍しいことをしているわけではありません。きっと、多くの人がやっていることでしょう。まず、白い歯を目指して歯を磨くことから。白い歯には言い知れぬ魅力があります。僕もこの白く輝く歯を自分のものにしようと、薬局から研磨剤を買ってきまして、毎日ゴシゴシ磨いていた時期があります。なるほど、確かに白くなってきたように感じました。しかし、高校の保健体育の授業のときに、先生が研磨剤で磨くことを全面否定されたのでした。

歯科医から伝授の私の歯磨き 方法

私の歯磨き 方法は、歯科医からアドバイスして頂きました。恥ずかしい話ですが、20代歯の手入れを怠っていたために、ほとんどの歯が虫歯になってしまいブリッチなどになり、笑うと見える歯は、かろうじて自分の歯ですが、その他は、詰物もしくはブリッジ状態です。そして歯槽膿漏となり、このまま進むと部分入れ歯になる可能性大の状態です。きちんと歯の手入れをしていれば、歯槽膿漏や虫歯など辛い思いをしなくて良いのを身を持って経験し、現在では定期健診するなどかなり歯に関しては優等生です。歯科医の先生に歯磨きのアドバイスを頂いた時、歯磨き粉のアドバイスも頂きました。

歯医者さんで学んだ歯磨き 方法

2ヶ月ほど前に、小さくい出来てしまった虫歯を治療して頂こうと、歯医者に行った時の事ですが、虫歯自体は小さかった為、表面を削ってその日のうちに治療は終了したのですが、お医者様から歯磨き 方法が間違っていますよとご指摘を受けてしまいました。朝夕と毎日2回は歯磨きをしているのですが何がいけないのかと伺ったところ、歯の表面は汚れていないですが歯茎が大分弱っていますと言われたのです。歯を磨く時は歯茎と歯の境目を入念に磨く事が大切だそうで、間違った磨き方をしていた私の歯茎は膿を持って赤く腫れてしまっているとの事でした。自分では全く気が付かなかったのですが、確かに歯茎をつつくと柔らかくふにふにとした感じが。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 歯科検診で歯磨き方法を教わりました All Rights Reserved.