歯磨き 方法を知っていますか|歯科検診で歯磨き方法を教わりました

歯科検診で歯磨き方法を教わりました

私はここ一年前くらいから歯磨き 方法を変え、歯磨きを食後に必ずするようになりました。それは歯の調子が悪いからです。このまま放っておいたらどうなるか分からないので気がかりなのです。もちろん歯磨き 方法はありますが自己流でやっていました。ローリングしながら磨いたり横に往復してみたりして磨く様です。時には一本一本を丁寧に磨く事もインターネットに載っていました。歯医者に行ったらそれは教えてくれると思います。私は最近行くチャンスがないので聞けません。歯ブラシの固さもきっと関係していると思っています。どうしたらいいのだろうかと思って調べてみました。今日からそれを実践してみたいと思っています。それを習慣づけたらもっと丈夫な歯になるはずです。そう信じて実践あるのみです。普段生活していたらあまりそう言う事には真剣に取り組まないと思いますがそれが虫歯になる原因なのです。それを避けたかったら絶対にまめにやるべきです。大丈夫だろうが歯垢がたまってしまって虫歯の原因になるからです。歯茎も緩んで来ると思いますのでしっかりマッサージして下さい。将来総入れ歯なんて事になったらそれは大変困ってしまいます。そうならない為にも頑張って実践する必要があるのです。きっと大丈夫だと思って冬はぬるま湯を使って磨いています。さすがに普通の流水ですとかなり冷たいからです。これからもずっと続けていきたいと思っています。頑張ったら大丈夫だと思っています。

友人が教えてくれた歯磨き 方法

私は、友人に歯磨き 方法を習いました。なぜなら、私は歯医者さんが大の苦手。あの独特の消毒薬の匂いや、歯を削る音を思い出しただけで気分が落ち込んできてしまいます。それなのに、ちょくちょく虫歯をつくってしまい、歯医者さんのお世話になるはめに。「もう二度と虫歯をつくりたくない。」と思っています。一方、私の友人は小さい頃から虫歯ゼロ。妊娠、出産を経験したときに、はじめて一度、小さい虫歯をつくってしまったくらいで(なんでもつわりがひどくて、歯磨きがしにくかったんだとか)、今ではまた健康な歯を取り戻しています。

歯医者さんが教えてくれた歯磨き 方法

私は、三ヶ月に一度、少なくとも半年に一度は歯医者さんに行って、歯磨き 方法も含め、歯の健康診断を受けるようにしています。歯医者さんが苦手なので、ちょっと神経質なくらいに虫歯が気になるのです。冷たいものがちょっと滲みれば心配になったり、鏡でみて黒くなっていたら慌てて歯医者さんに行ったり。私のかかりつけの歯医者さんはとても親切でやさしいので、とても助かっているんです。ある日、いつものように歯の健康診断と歯石除去を終えると、「正しい歯磨き 方法を教えますね」と歯ブラシを持ってきました。使う歯ブラシは、ヘッドがコンパクトで、口の中で小回りが利くタイプがいいそうです。

正しい歯磨き 方法を意識する習慣

一番最初の歯磨き 方法は、当然歯が生えたばかりの幼児自身ではなく、母親か父親にしてもらうものです。始めて自分の手で歯ブラシを持ち、それで自分のはを磨いた日の事を覚えてるなんて言う人はそうはいないと思いますが、覚えてなくても確実に言えることは、初めての歯磨き 方法を教えてくれたのは母親や父親であるという事です。しかし、両親が歯科医というのでも無い限り、両親だって正しい歯磨きの仕方を知っているわけではありません。

歯科で教わった歯磨き 方法です。

私は歯磨きもしているつもりで、歯磨き 方法が間違っていた為、全然できてなかったんだなと歯科で思い知らされました。だって染め出し液を付けると口の中は真っ赤、恥ずかしいにもほどがあるという感じでした。しかし歯科衛生士さんは「正しい歯磨き 方法を覚えたらすぐにきれいになりますよ」とにっこり。私は怒られなかったことにホッとしつつブラッシング指導をして頂きました。普段私の磨いている方法だと時間はかけているけれど全然汚れた部分にあたってないとのことで歯ブラシの角度から教えて頂きました。歯に充てるというよりは歯と歯茎の接合部分にあてて軽い力でブラッシングするのが一番いいそうです。

効果的な歯磨き 方法について書きます。

歯磨き 方法は人ぞれぞれだと思いますが、基本的に歯磨きは、毎日必ず食後にやらなくてはいけないものです。また食後でなくても、朝起きた時にはすぐにやったほうがいいそうです。寝ている間に口の中は雑菌だらけになるので、朝の食事を取る前に歯磨きはきちんとやったほうがいいと聞きました。そこで、歯磨き 方法を書きます。歯磨きは、正しいやり方でやらなくては、歯ぐきを痛める結果になったり歯ブラシをすぐに駄目にしてしまうことになります。正しい歯磨き 方法を学んで、毎日ケアしてあげましょう。まず、歯磨きをする際には力をいれ過ぎてはいけません。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 歯科検診で歯磨き方法を教わりました All Rights Reserved.