歯医者さんを変えて歯磨き 方法から学びました|歯科検診で歯磨き方法を教わりました

歯科検診で歯磨き方法を教わりました

引っ越しをきっかけに歯医者さんを変えて、歯磨き 方法を改めて学びました。以前通っていた歯医者さんは、買い物のついでに行ける、街中の大きなショッピングセンターの中の歯医者さんで便利ではありましたが、何となく昔っぽい雰囲気のところだな、と感じてはいました。でも、行き慣れると別の歯医者さんに変えるのも面倒な気がして、ついそのままでしたが、引っ越しをいうきっかけに、今度は近隣の歯医者さんについて、近くを通った時にちょっと覗いてみたり、評判を知人に聞いたりしてどの歯医者にするか事前にリサーチしました。割と近所に歯医者さんが多かったことと、通院したい理由が緊急でなく親不知を治療したい、ということであったので検討することが出来ました。その結果、選んだのが「痛くない治療」が自慢という歯医者さんでした。待合室には本当に大きなポスターで「ここは痛くない歯医者さんです」と書いてありました。しかも完全予約制のため予約を入れておけば待ち時間も短く、診察室では歯医者さんの他、歯科衛生士さんが数名でキビキビと患者の待つ椅子から椅子へ動き回っていました。今までの歯医者さんに来た時と違って、まるでお客様を迎えるような雰囲気。そして初日はインフォームド、コンセントのみ行い、患部の状態や、治療方針についての説明だけで、いきなり削ったり抜いたりしないのにも驚きました。診察で終わりかと思ったら、歯科衛生士さんが歯磨き 方法についての説明をこれまた丁寧にしてくれました。ただ、悪い歯を治すだけでなく、健康な歯を保つという目的を持って治療にあたっていることがわかり信頼感が生まれました。良い歯医者さんに巡り会えたことを嬉しく思っています。

歯磨き 方法について

大人になってから始める、自宅でできる歯磨き 方法を紹介します。子供のころは、親から歯磨きを習い、習慣づけるためにいつも決まった時間に歯磨きをしていましたが、大人になってからは、生活時間や食事の時間も不規則になり、なかなか毎日決まった時間に行うことは難しいと思います。一日に朝と夜2回磨く方が多いと思いますが、3回やそれ以上の人も多くなっているようです。このような方達は、だいたいが、昼食の後仕事に戻る前にエチケットとして行ったり、サービス業や営業の方で、人と接する前に磨くという方だそうです。磨くタイミングはどのようにしたら良いのでしょうか。

入れ歯の歯磨き 方法

入れ歯にも特別な歯磨き 方法があります。年齢を重ねると、避けては通れない入れ歯。最近はインプラントなども出来て、高額になってはしまいますが、若いうちから入れ歯が必要な状態になってしまった人はそれを利用しています。実際に、そういった方達が高齢になった際に、その歯をどうしているのかは良く知らないのですが、高齢になると皮膚の弾力も無くなりますし、筋力も衰えてくるので、インプラントを支えるだけの歯茎が無くなり、結局入れ歯になるのではないかと思います。高齢になればなるほど、入れ歯の手入れが煩わしく、放置しがちになりますが、怠ると大変なことになります。

歯の無い人の歯磨き 方法

高齢で歯がすべて無くなってしまった方が、ほおの筋力が弱かったり痩せているなどの理由で、入れ歯を入れずに過ごすことが多いですが、そういった方も歯磨きは必要で、しっかりとした歯磨き 方法を取り入れる必要があります。歯の無い人の歯磨き 方法を説明します。実際に、介護の現場や、病院などで行われている方法です。ご自分で行う時も、同じようにして行うと良いかと思います。まず、口の中を湿らせます。

90歳のおばあさんの歯磨き 方法

昔、よく行くお店で知り合ったおばあさんは背中こそ曲がっていて、歩くのがやっとでしたが素晴らしく見とれてしまう程の歯を持っていましたが、歯磨き 方法がよかったのでしょう。90歳にも関わらず、欠損した歯は一つも無く、虫歯もありません。歯茎が下がって抜けそうになっている歯すらありません。すべて綺麗に生えて揃っていました。そんなおばあさんの娘さんから、このおばあさんの行っている歯磨き 方法を伺いました。毎日、朝、昼、晩と食事の後は必ず歯磨きを行っていたそうです。

食後の適切な歯磨き 方法

歯を大切にしたい人にとって「虫歯」への対策だけではなく、歯が「酸性物質で溶ける」ことへの対策も重要だと言えますので、歯磨き 方法を徹底することは非常に重要です。酸性の食品は多く、食後、食べたままの状態でいると口内に酸性の「食べカス」などが残留してしまうことから、「歯」が酸性にさらされることで溶解してしまうのです。溶解と言っても、じわりじわりと作用されるので、焦る悲痛はありません。そこでオススメの対策は「口を、すずく」ことです。食後すぐに歯を強く磨いてしまうと、かえって歯を「削る」ような効果になってしまい、歯にとってはダメージになってしまうのです。

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 歯科検診で歯磨き方法を教わりました All Rights Reserved.